銀座カラー梅田新道店

自己処理は危険

脇毛は女性にとって気を抜くことの出来ないムダ毛です。そのため自己処理を行う方も少なくありません。 脇毛の自己処理にはかみそりで剃る、毛抜きで抜く、脱毛ワックスやクリームで処理するなどいくつかの方法がありますが、どの方法であっても肌トラブルの危険性を含んでいます。

特に女性の場合は生理前などホルモンバランスが乱れやすくなる時期は肌トラブルを起こしやすくなります。頻繁に行う必要のある脇毛の自己処理には特に注意が必要だと言えます。 中でも一番多くの方が脇毛の自己処理に使うのがカミソリだと思います。カミソリは一度にたくさんのムダ毛を処理することが出来るのでとても手軽で便利です。

肌ダメージがひどくなる

しかし、カミソリで剃ると肌を外部の刺激から守るバリアの役割を果たす角質層も一緒に削ってしまうので雑菌が入り込みやすくなって炎症を起こしたり色素沈着を起こすこともあります。 さほど脇毛の量が多くない人の場合は毛抜きを使うこともあるでしょう。

毛抜きは毛根から抜き取るので新しいけが生えてくるまでの時間が長いことがメリットと言えますが、毛を引き抜く際に激しい痛みを伴う上、無理に引き抜くことで皮膚が傷ついてしまうこともあります。また毛を抜いた後の開いた毛穴に雑菌が入ると炎症を起こしやすくなります。

また抜いた後の毛穴が盛り上がって目立つようになる場合もあります。 脱毛ワックスも毛抜きと同様に無理やり毛を引き抜くので肌荒れや色素沈着を起こす可能性があります。

↑ PAGE TOP